ゲームでもして、まったりしよう!R
今、ハマっているものを中心にゲーム、アニメ、キャラグッズ等々、自分の趣味の世界を書き殴る日記です。攻略などの日記はネタバレ全開ですのでご注意を!
2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/10/15(水) 22:00 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
今更ながらに、最終話の感想を書いてみる (後編)
またまた前回の続きでようやく後半というか終盤に突入。

電波とグラハムとの相討ちにてようやく長かったソレスタvs世界陣営の戦争?が
全て終了となりました。

かろうじて上半身だけ残ったナドレからティエリアは
計画はまだ続いているという事でナドレの太陽炉を切り離し宇宙空間へ。
ティエリアの最後の判断
この作業を完了させたティエリアは
「これでようやくあなたの下へいける・・・ロックオン・・・。」と言葉を残し力尽きます。
まぁ、力尽きると言っても死んだ訳ではないですがw

続けて宇宙空間に漂うキュリオスの中でアレルヤはハレルヤとお話中。
アレルヤはソーマがマリーだったという事実を知り絶望しますが
どうやらハレルヤの方はそれを知っていた模様。
アレルヤにその事実を知られてしまえば戦えなくなってしまい
アレルヤが死んでしまうという配慮から黙っていたようですが。
アレルヤ後悔、そしてハレルヤ消失?
「まぁ、いいさ。どっちみち同じだ・・・先にいってるぜ・・・・」
「ハレルヤ、まさか?・・・そんなハレルヤ・・・・」

この会話内容からもしかするとハレルヤの人格は消えてしまったのかもしれないです。
そうなると今後のアレルヤには個人的にちょっと期待感がなくなりますね。

GNフラッグと共に爆散したかと思ったエクシアはどうやら無事のようで
原型をしっかりととどめていました。
とりあえずコクピット内では電波は出血をおびつつ気絶している模様。
いきなり手紙パート・・・
しかしながら、いきなり電波がマリナ皇女に出したかと思われる
メールの内容の回想パートに突入。

そのメールを読んで涙するマリナ皇女・・・
むりやりくさい皇女フラグ・・・

回想シーンでは他にもタンカの様なもので運ばれるセルゲイ中佐の姿や
王留美の下にいるネーナの姿などが確認されました。


続きをどうぞ

スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2008/10/14(火) 01:57 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
今更ながらに、最終話の感想を書いてみる (中編)
さて前半パートの続きで後半パートに突入。

ビームをエクシアにぶち込み完全に勝利を確信して
お得意の高笑いモードに入った松ちゃんw
お得意の高笑いw
しかしその高笑いも長くは続かず、
急にビーム攻撃を受け咄嗟にGNフィールドで防ぐアルヴァロン。

エクシアが生きていた事に素で驚く松ちゃん。
どうやら直撃する寸前で?トランザムを発動させて残像を残すほどのスピードで回避した模様。
トランザムでビームを完全回避した模様
まぁ、爆発も何も起きてないのだから早々に勝ちを確信した松ちゃんも油断しすぎって感じ・・・・

電波は世界の歪みを見つけたとアルヴァロン目掛けて攻撃再開。
しかし、例の無敵フィールドのおかげでダメージはおろかかすり傷一つ与えられない状態に。
相変わらずの無敵フィールド・・・
さすがにGNフィールドの存在がウザったくなったのか苛立つ電波。

ここでいきなりの回想シーンに突入。
明らかに後付け設定だろ?それ・・・
電波とロックオン、エクシアを前に2人きりでの会話。
その内容とはQ:なぜエクシアに実体剣が装備されているか?というもの。
A:GNフィールドに対抗する為。
元々のイオリアの計画なのか、よく分かりませんがどうやら対ガンダム戦も入ってるらしく
その時には電波のエクシアが切り札になるとの事・・・・
( ゜Д゜)ハァ?
明らかに後付け設定だろ?それ・・・

ぶっちゃけこの話をいつしていたの?って感じ。
まぁ、いつの話にしてもロックオンから教えてもらってる時点で
松ちゃんと戦う前からGNフィールドを破る術を知ってた
という話になります。
じゃあなんでアルバトーレ戦で全く使わなかったの?
その時点で使ってればラッセのGNアームズがやられる事もなかったと思う。

こいつ今の今まで忘れてたのか?
もしそうなら完全に無能だな・・・
ガンダムのパイロットなんてやめろって感じ。


そんな訳で一気に実体剣でアルヴァロンのGNフィールドを破りにかかる電波。
GNフィールドを破るエクシア
これまで無敵だったフィールドをいとも簡単に破っていきます。

更に黒ヒゲ危機一髪をやるかの如く
実体剣、ビームサーベルをサクサクとどんどん刺していくエクシア。
その間にアルヴァロンは完全に無抵抗のままにやられていく姿はただのアホですね。

そして一通り刺し終わった電波は「俺が!!」と叫びつつ最後に一刀両断に。
アルヴァロンへのトドメの一撃
そして例のセリフを言うかと思いきやわざわざ言い直して

俺達がガンダムだ!!
「俺達がガンダムだ!!」と決めゼリフ・・・・

全然カッコよくないし、相変わらず意味不明だし・・・・

そして相変わらずのパワーバランス崩壊の戦闘で完全に決着・・・・

続きをどうぞ


コメント:0 トラックバック:0

2008/10/13(月) 23:03 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
今更ながらに、最終話の感想を書いてみる (前編)
さて、ずーっと放置していた「機動戦士ガンダム00」の最終話の感想と批評を
今更ながらに書いていこうと思いますw

本当だったら第2期が始まる前に書いてしまおうと思っていたのですが
引越しだ、風邪だ、といろいろとあったので書けませんでした・・・・(´・ω・`)

まぁ、8割方はただつまらんアニメの批評を書くのが
面倒になったというのが本音かもしれませんが(´▽`〃)ヾ

一応自分の批評と感想を楽しみにしてくれていた人もいた?様なので
今からでも書いていきますよ。

ここで感想を書くにあたって読み手側の方々へ注意事項を1つ。
とりあえず毒を吐きまくると思うので00を愛してる人はすぐにお帰りくださいw

ではいつも通りストーリーを追いつつ感想(愚痴)を書いていこうと思います。


前回終了時に松ちゃんの乗るMA「アルバトーレ」にエクシアで特攻をかけた電波。
最終決戦開始
GNアームズのラッセと共に連携攻撃を仕掛けまるがGNフィールドに遮られ全くの無傷・・・。
そんな状態のエクシアとGNアームズに対して松ちゃんは
「その程度でアルバトーレに対抗しようなど片腹痛いわ!!」
と吼えられちゃいましたw

そんな戦闘を尻目に半壊状態のキュリオスに乗ったアレルヤは
ソーマとセルゲイ中佐の追撃から身を隠してハレルヤとお話中w

とりあえず両者共に下記のような理由で「生きる」という目的の為に意見が一致。
--------------------------------------------------------------------
ハレルヤ→他人の生き血を吸ってでも生き残ってみせる。
アレルヤ→世界の答えをまだ聞いてない、この戦いの意味すら聞いてないから生きる。
--------------------------------------------------------------------
てかソレスタに攻撃を仕掛けてきてる時点で
世界の答えは解りきったものかと思うんですけど・・・
今まで好き放題テロ活動をやってこの戦いの意味もクソもないかとも思う。

やっぱりハレルヤの方がシンプルで解りやすいですねw

とりあえず意見の一致?からソーマに完全な超兵の実力を見せてやると本気モード全開。
完全な超兵への覚醒
今まで髪型の垂れていた部分を左右に分けることでどっちなのかを表現していた訳ですが
完全な超兵になったという事で髪をオールバックへ変更。
目を見るとしっかりと2人分になってますね。

完全な超兵になった事で半壊状態のキュリオスでも2人お相手に出来るほどに
更に強くなったアレルヤ&ハレルヤ。
2体同時相手に決戦
完全に2人を圧倒するキュリオス。

そんな中、場面がエクシア&GNアームズの戦闘へ移行。
今まで2人バラバラに戦ってた中、どっちにしても無駄なのにまたGNアーマーへと合体・・・

今まで完全に物理攻撃、実弾兵器、ビーム攻撃とあらゆる攻撃を
GNフィールドで無効化していたのに関わらず
調子こいてしまったのかGNアーマーに特攻をかけられ、
アルバトーレの腕部を斬り裂かれたうえに
ビーム攻撃でもう片方の腕部に赦し破壊される松ちゃん・・・アホ?

そしてラッセの決死の一撃を防御せずにまともに受け始めるアルバトーレ・・・
さすがに弾幕を張りつつ反撃でGNアーマー背部に命中させラッセを重傷?に追い込み
重傷のラッセ
「刹那、俺達の存在を・・・」と残しコクピットが爆散?した模様。

ラッセがやられた事でGNアーマーで特攻をかける電波。
一矢報いて今まで張っていなかったGNフィールドをいきなり貫通させGNアームズ爆散・・・

爆発の中からエクシアが登場。
ラッセの仇で一気に決着
アルバトーレに一気に取り付きGNソードで2回ほど斬りつけただけで決着。

アルヴァトーレ爆散
「バカな、私のアルバトーレが!!」
と吼えつつ松ちゃんのアルバトーレが派手に爆発。

完全にやられ役のセリフ丸出しという感じですw

てか今まで完全に無敵だったのに途中からいきなり弱くなったな・・・・
まぁ、このアニメのいつものパターンなんでしょうね。


続きをどうぞ


コメント:0 トラックバック:0

2008/03/25(火) 03:02 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
早くみんな殺さなきゃ!みたいな流れなのか?
さて前回の続きで24話目後半に参りましょう。

強襲用コンテナで松ちゃんのMAに向けてGNミサイルやビーム砲で攻撃を開始するも
GNフィールドで完全防御、ビームに至っては弾きまくり。
久しぶりに種の「アリュミューレ・リュミエール」を連想させられましたw
最強のアルミューレ・リュミエール
バーチェの物とは違いGNフィールドを張ったままの状態でも
中から攻撃可能とかなりの高性能。
コンテナを狙って撃ったのかと思いきや、コンテナは完全にシカトで
ソレスタ輸送船を狙撃し、衛星に退避していた事で安心していたのかメディカルルームが直撃。
たった数話の登場でいきなり死亡
初登場で出てきたばかりのモレノ医師があっさり死亡・・・

射線上でジンクスと戦闘をしていたキュリオスもその攻撃に巻き込まれ吹き飛ばされます。
巻き込まれてキュリオス中破・・・
その結果、右腕、右脚を失い中破・・・
この攻撃にハレルヤ「クソったれが~!!」とぶちギレモード。

ソレスタ輸送船が攻撃された事にキレたティエリアはトランザムを発動。
ナドレ、トランザム発動
一気にコーラの部隊のジンクスをビームライフルとサーベルで次々に攻撃、撃破していきます。
バーチェとの戦闘でトランザムを見ていたはずのコーラは初めて見たかの様に驚きます。
迎撃するジンクスのビーム攻撃を全て回避しサーベルで一気に終わらせようと特攻しますが
またも松ちゃんビームを撃たれ、それに巻き込まれるナドレ。
それと同時に武装と一緒に機体もが弾き飛ばされ、トランザムも切れてしまいます。

そんな状況に、こいつはラッキーとコーラ部隊が一斉に反撃。
それにより、頭部側面破損、左腕と両脚が損失。
背後から容赦なく次々に赤いビームの雨が降り注ぐ中ティエリアは
最後の1撃
「まだだ、まだ死ねるか・・・
計画の為にも、そして・・・ロックオンの為にも!!」

とナドレを敵に向けライフルを構えて射撃。

コーラ、ティエリア同時射撃
「ガンダムぅぅぅ!!」
とコーラも叫びつつナドレにトドメを刺そうと躍起になって同時に射撃。



続きをどうぞ


コメント:0 トラックバック:0

2008/03/24(月) 23:36 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
色も姿もダサいMAが登場・・・
残すところ今回の24話を含め、あと2話になった00です。

前回の戦闘で、やはりロックオンは死亡したようで始まって早々に
いきなり電波が他のマイスターに会った2年前の過去回想が始まります。
今更、初めての出会いの回想・・・
回想後にはロックオンとこんな事があったね回想が更に入り、
ロックオンを思い出しながら感傷に浸る電波。
てか2年も前に4人で会ってたのに
あんなにも協力意識が無かったって最悪だな・・・


ようやく回想も終わり本編に戻ると
いつの間にか宇宙に上がって「世界はどちらに傾くかしら」なんて言ってる王留美登場。
ここで出す意味もないし何で宇宙に上がってきたのかも意味不明。
自分の手を汚さずに人にやらせて、ただ見てるだけのやつが何言ってるの?って感じ。

その頃ソレスタではこんな状況にも関わらず得意の仲間割れ勃発。
ロックオンが死亡したのはエクシアとGNアームズの2機が
地球に降りたせいで戦力が分散した為だと電波を責め始めるティエリア。
うーん、最近の自分の不甲斐なさを棚に上げて何言ってるんだろう・・・(*´・д・)
ロックオンの援護防御や援護攻撃がなけれこいつは2回は死んでたはずです・・・
とりあえず現場に来た予報士にティエリアが引っ叩かれてこの場を収め終了。
かなり久しぶりに組織をまとめてるって感じがしましたw

国連軍でははジンクスの27機中戻ったのは11機と予想以上の被害と
予定に無かったトランザムの機動性を脅威と感じたセルゲイ中佐は
現宙域から1度撤退した方がいいのでは?とマネキンに提案。
同意見だが国連の司令部に増援を送ると言われたとの事。
しかしその増援は何なのかは不明の模様。

そんな中、ソーマはこれからの再出撃に備えている様で前回のキュリオスとの戦闘で
脳量子波の影響を受けていなかった事を不思議に感じますが、
ソーマの決意
「私は完全体の超兵。
出来損ないの、披見体E-57に負ける訳にはいかない。」

と次は必ず決着をつけると決意。

ソレスタではこれからの戦闘に備えガンダムの整備を重点的に行っている様で
キュリオスは前回速攻で破損したテールブースターを外して通常に戻し、
バーチェは外部装甲を全て外して最初からナドレの状態で出撃させる模様。
ナドレ出撃準備
一応ナドレ専用の装備も用意してあるらしく
作業完了まで最低でも8時間はかかるが6時間でやって欲しいと予報士に頼まれます。

ここまでの状況で予報士の見立てでは
現戦力で期待が出きるのは強襲用コンテナとエクシア、そしてGNアームズのみだそうです・・・
ほぼ無傷に近いキュリオスは眼中に無いのかよ・・・((゚Д゚;))
はっきり言って
どう考えたらエクシアに期待が出来るって
思えるのかがさっぱり分からんね・・・


そんな考えを巡らせている予報士の下にティエリアからの通信が入ります。
最後まで戦う事がマイスターの総意
どうやら国連軍とこれからどう戦えばいいかの作戦プランが欲しいとの事。
予報士はそれを聞いて「戦おうというの?」と疑問系・・・
ん?あきらめモードか?
防御に徹して逃げようって考えだったんでしょうか?

とりあえず国連軍と最後まで戦うというのがマイスターの総意らしく
色々と御託を並べていましたがロックオンの仇討ちがしたくて仕方ないだけっぽいけどね。

電波はハロのデータベースにアクセスしたのか
ロックオンが最後に誰と戦っていたのかを調べ上げ
あきらかに第3者が撮ったんじゃね?
というような映像を見てツヴァイのアリーと戦った事を知ります。
ロックオンの死の真相
それを見た電波は過去を回想し一つの結論に至ります。
それは
神ではなく自分の意思で生きるという事らしいです・・・・
へ~、すごい悟りだね~・・・・(´・ω・`)

 
その頃、ソレスタの作戦を完全に読み切りながらどんどん追い詰めようとする国連軍。
国連の増援は新型MA
そして国連軍の後方から新型のMA接近してきます。
どうやらこれが司令部の言っていた増援の様です。



続きをどうぞ


コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。