ゲームでもして、まったりしよう!R
今、ハマっているものを中心にゲーム、アニメ、キャラグッズ等々、自分の趣味の世界を書き殴る日記です。攻略などの日記はネタバレ全開ですのでご注意を!
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007/12/10(月) 23:18 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
予想出来た隠された力
さて今回で第10話目に突入した00です。
前回から展開されたガンダム鹵獲作戦の続きの話になります。

戦闘がこれから激化されるであろうこの話をどうやって終わらせるのか、
そして先週の次回予告でハレルヤが完全に出てきていたので結構楽しみにしておりましたw

なんか前回の第9話目の時も似たような出だしを書いてた気がしますがw

では早速第10話を紹介しながらいつものように批評していきましょうヽ(・∀・)ノ 

再生ポチっとなw

・・・・・・・・・・・・・あれ?前回の続きだよね?

先週って「宇宙」でアレルヤがソーマに遭遇した所で終わったんじゃなかった?

何で開始初っ端に
こんなくだらない話から始まってるの?↓

製作スタッフに問いたい。これは必要なのか?
製作スタッフに本気で問いたい・・
必要か?この話はそんなに必要なのか?
そんなに重要な話なのか?
ここでやる必要があるのか?


まさか再生開始して1秒と経たずにこのセリフを吐く事になろうとは・・・・とりあえず、
( ゚Д゚)ハァ?バカじゃねーの?

そんな訳でこのくだらんラブコメが終わって先週の復習を少しやってからOP曲へ。
更にアムロのいつものナレーション+先週の詳しいおさらいを始めてやっと本当の本編へ・・・
長いよ・・・・

さて本編開始し、アレルヤはソーマの脳波干渉によりキュリオスを操縦できずに
そのままあっさりと鹵獲・・・・
アレルヤ気絶、そして、あっさり鹵獲・・・
アレルヤの声を聞いたセルゲイ中佐は
以前に人命救助をした時と同じパイロットだという事に気付き
更にソーマと脳波干渉をした事でソーマと同類の強化人間では?という疑いを持ちます。

人革連ではキュリオスの事を「羽付き」と呼んでるようでそのまま輸送船に収納w

その頃ソレスタ輸送船は相変わらずのリュミエを張って亀作戦中・・・
武装が何もないのでフルボッコ状態・・・
武装を持っていないので完全にフルボッコ状態にw
「武力介入するくらいならちゃんと武装しておけよ!」って未だに思いますね・・・

さてセルゲイ中佐達の視点へとシーンが戻り、ソーマの初陣について語っていると
もう一方で陽動をかけていたヴァーチェがそこへ乱入。
鹵獲されたキュリオス共々輸送船を撃墜にかかるもタオツーに乗ったソーマに邪魔され
そのまま戦闘開始!
ヴァーチェは「デカブツ」と呼ばれてるみたいですw
ヴァーチェvsタオツー
機体速度がダンチなのとパイロットの腕が良いようでヴァーチェを翻弄。
マップ兵器の手持ちキャノン、肩ビームと次々と回避。
スピードを活かしてバックに回り至近距離から射撃するもカウンターを受け片足が大破。

かなりの互角の勝負を展開。
やっとここに来て戦闘と呼べるような感じになってまいりましたw

互角の勝負をしている中で輸送船内では
キュリオスのコクピットをカッターでこじ開ける段取りに。
気絶しているアレルヤの頭の中でソーマの声が聞こえると・・・
ハレルヤ参上!
↑そしてここで待ちに待ったハレルヤにシフトチェンジ!
↓そしてキュリオスも再起動開始!

そしてキュリオス再起動!

輸送船を内部からの攻撃により完全に破壊して脱出した模様。




「羽付き」の鹵獲に失敗したセルゲイ中佐は自分の判断ミスと。
そして手ぶらでは帰れないと次は「デカブツ」の鹵獲作戦を展開。

どうやら完全にガンダムのデータを頭に入れてきたようで
ヴァーチェのマップ兵器の発射までのタイムラグを利用して捕縛作業へ移行。
ヴァーチェ捕獲!
ワイヤーアンカーにて両腕、両足を縛り、更に硬化弾を撃ち込まれ関節部の動きを封じます。

「これしきの事で!!」
と鹵獲されまいとワイヤーを固定しているティエレンに銃口を向けますが
ソーマのタオツーに蹴り飛ばされ武器を一つ失います。↓
マップ兵器が!?w

そして更に
「それでも!!」
と肩ビームを撃とうとするもティエレン2機に上から押さえ込まれ↓
肩ビームも押さえ込まれた!?w
使える武装が無くなってしまったのか
「だとしても!!」
と最後にヴァーチェ自体の出力を上げ力押しで振りほどこうと頑張りますw↓
出力を上げても振りほどけない!?w
ティエレン6機の推進力を使って押さえ込んでもまだ動けるヴァーチェを見て
危険と判断したのかソーマに攻撃命令を出します。
最後の頼みであったGNフィールドでしたがワイヤーに固定されてしまった為に展開出来ず・・・

タオツーの攻撃が迫る中、殺られると感じたティエリアは
文字通り「目の色を変えて」ヴァーチェの隠された力を解放!
「ナドレ」起動!!
そして起動したシステムによりヴァーチェは装甲を次々にパージ。
これは完全に予想通りでしたw
ジャケットアーマー、パージ!!w
唯一、自分の予測を上回ったと言えば
髪の毛が生えてたって事くらいですかねw
ガンダムナドレ
システム起動画面に表示されていた通り名前は「ガンダムナドレ」というらしいです。
これを見た瞬間に頭に浮かんだのは
1.バーチャロンの「ライデン」
2.Gガンの「ノーベルガンダム」
3.スパロボの「ヤルダバオト」
4.スパロボの「ビルトビルガー」
ですねw

デカブツからヒョロっとした体型になったナドレは
こいつも何か力を持ってるっぽい?
ヴァーチェの肩ビームを手に装着し例の
「ガンダムナドレ、目標を消滅させる!!」
という新しい攻撃開始のセリフを発してティエレン部隊に両手から1発ずつ同時に発射。
ナドレ、敵を消滅させる!!

↓のいつものように最後には消し飛びましたw
やっぱり最後には消し飛ぶのか~!!w
セルゲイ中佐達は全機に撤退命令を出し戦場より離脱。

あれ?攻撃はそれで終わりかよ・・・(*´・д・)
ナドレの姿見た奴はみんな滅殺じゃないんだね・・・

精神不安定で人格崩壊?
とりあえず鹵獲はされなかったものの
早期にナドレの姿を晒してしまいソレスタの計画を歪めてしまったと
自分を責めるティエリアは「俺は、僕は、私は」と
次々に一人称を変えて若干精神不安定状態に・・・
後悔するくらいなら追撃して口封じでもすればいいのに・・・・

ということで前半パートは終了。

今回は出だしに余計なものもありつつでしたが
戦闘がメインの話だったのでかな~り長くなっちゃいました。

明日はいつも通り後半パートと全体の感想について書いていきます。
後半はハレルヤの戦闘パートなのでハレルヤファンはお楽しみにw

そんな訳で今回はこの辺で~(・∀・)ノシ




コメント:0 トラックバック:0

クラッシャー!!セットアップ!!w 祖龍をやっと倒せたよ(*´゚∀゚`)ノ +α
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。