ゲームでもして、まったりしよう!R
今、ハマっているものを中心にゲーム、アニメ、キャラグッズ等々、自分の趣味の世界を書き殴る日記です。攻略などの日記はネタバレ全開ですのでご注意を!
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007/12/11(火) 23:54 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
クラッシャー!!セットアップ!!w
さて昨日の前半に引き続き第10話の後半パートの批評に入りますw

先にここで書いておきます。
今回は前回よりもSSを多く使用して長く書いておりますのでご注意をw

さぁ後半パートに入り早速ソレスタ輸送船の状況からスタート。
相変わらずのフルボッコ状態・・・
前半に引き続き相変わらずのフルボッコ状態・・・・
頼みのガンダム2機もたいした戦果を上げられず状態・・・
MS撃破数はデュナメスで7機、エクシアは9機といつものようにはいかないようです。
守備は苦手か?やっぱり機体性能だけで戦ってるからなのか?
しょぼいな・・・・

ここで人革連側に撤退信号が打ち上がりなんとか生き延びた模様・・・
クルーも助かったと一安心。
しかしここで無能の予報士が
「作戦は続行中よ!気を抜かないで!!」とクルーを一喝。
お前はもうしゃべるな・・・
普通に活動していた組織ならば指揮官としては当たり前の事を言っていますが
以前テロ組織を壊滅させるミッション中に
海で遊んでいた奴に
言われたくはないですね(♯・∀・)


その頃ナドレに手痛いカウンターを受けてしまったセルゲイ中佐達はソーマ達は撤退中
小破したソーマのタオツーを気遣いながら撤退中の模様。

ここで前半で輸送船から脱出したキュリオスが撤退進路前方より向かってまいりました
お前も化け物なんだよ~!!
ハレルヤの脳量子波に勝手に干渉してきたソーマを探していたようでソーマに向かって
自分と同類の化け物なんだよ!と叫びながら突っ込みます。



ソーマは自分が戦うと言いキュリオスへ向かいながら戦闘体制へ。
「いい度胸だな!!女~!!!」
とハイテンションでハレルヤもそれを迎え撃ちます。
いい度胸だな!女~!!
ハレルヤはソーマと同類ということで動きを完璧に見切った状態で
出力を抑えたライフルでわざと撃墜しないように完全に命中させ遊びモードに。
完全に遊ばれてるタオツー


ここで同行していた「ミン中尉」がセルゲイ、ソーマの能力はこれからの人革連に絶対必要と
死ぬ覚悟で両名の離脱援護の為にキュリオスに特攻。
がんばれミン中尉w
「少尉はやらせん!!」とかなり熱い展開にw

でもそんな状況もハレルヤから見れば
邪魔すんな、一般兵!!
「邪魔すんなよ、一般兵!!命あっての物種だろうが!!」
と完全にザコ扱いにw
まぁ、しょうがないよね。ソーマですらこんな状態なんだもんw

そんなセリフもお構いなしで特攻したミン中尉。
ここで輸送船を内部から破壊した武器の初のお目見えにw
クラッシャー、セットアップ!!w
「クラッシャー、セットアップ!!」って聞こえてきそうだなw
突き刺し、挟み込む!
ミン中尉が挟み込まれたおかげで離脱可能状態に。
ソーマがそれを救出する為に援護に向かおうとしますがセルゲイ中佐に
「男の覚悟に水を注すな!」と止められ仕方なく両名は離脱する事に。

仲間を見捨てて逃げるなんて前と変わってないなと吐くハレルヤ。
それに対しミン中尉は国、秩序を乱した事でいつか必ずソレスタの連中に報いが来ると。
しかしこれまたハレルヤは
そんな社会にどんな秩序があるんだ?
「そんな大層なもんじゃねーだろ?
人を改造をして兵士にするような社会に
どんな秩序があるってんだ?」
とバッサリw
更にソーマに逃げられた事で少々ご立腹らしく
「楽には殺さねーぞ!!」
とコクピットに向けてじわじわとゆっくりと刃先を進めます。
もう夕方アニメとは思えないような暴言の数々かどんどん飛び出しますw
楽には殺さねーぞ!!

「どーよ、一方的な暴力に成す術も無く、
命をすり減らして行く気分は!」


これにはさすがのミン中尉もひとたまりもなかった様でハレルヤにやめてくれ!と懇願します。
しかしこれに対しハレルヤは更にテンションが上がり
「こいつが命乞いってやつだな~」
最後は何だ?

「最後は何だ?ママか?恋人か?
今頃、走馬灯で
子供の頃からやり直してる最中か?」

と嬉しそうにかなりのハイテンション状態にw
子供の頃からやり直してる最中か?
ここでもう一つの人格であるアレルヤがもうやめろと必死に説得を試みます。
アレルヤがやらない代わりに自分がやっているんだと主張しますが続けてやめてくれと
強く言われたハレルヤは「やっぱお前には敵わねーよ」と攻撃を一時中断。
「なんてな!」
刺さっていた刃先を一気に貫通させティエレン撃破。
そんな行為を行いつつハレルヤは
楽しいよな~!

「楽しいよな~!
アレルヤ、アレルヤ~~~~!!!」


アレルヤ~、アレルヤ~!!
とこれまたかなりのハイテンション状態にw
この後ミン中尉の反応が消えた事を確認した人革の両名は激しく「ガンダム」を憎む様に・・・

そして人格が戻った?アレルヤは
これが本質なら人でなしだ~!!
「それが僕の本質なのか?もしそうなら僕は人でなしだ~!!」
と激しく嘆きます。
人でなしって・・・・

このガンダム鹵獲作戦の一部始終を見ていたのか、
久しぶりの登場の王留美がここで一言。
マイスターは不完全・・・
「どうしてマイスター達はこうも不完全なの?」と。
え?今更ですか?Σ(゚Д゚;) 


そして↓の2人も一部始終を見ていた様ですが傍観するだけかよ・・・
監視者であって実行者ではないから
ただ傍観するだけだそうです・・・・

とここで第10話終了です。

さてかなり長く書いてしまいましたがまずは今回の点数から。
今回は9点ですねw
全体的に見てかなり面白かったと思います。
楽しみにしていただけあってハレルヤのはっちゃけぶりが最高でしたw
こういうダークキャラは大好きなのでw

というかやっぱりハレルヤの「吉野裕行」さんは
こういうキャラや熱血キャラの方が良い仕事しますねw
とりあえず好きな男性声優に追加しようか迷い中ですw

今回はそれにプラスしてティエリアがあそこまで熱血っぽくなるとは思ってなかったので
良かったと思います。
最後にはイカレてしまいましたがw

ソーマ、セルゲイ中佐の両名との戦闘も良い味出していたのでこれも良かったw

減点対象はやはり開始と同時に始まったいらない話があった事です。
あれさえなければ10点満点も夢ではなかったろうに・・・・

いい加減、「ガンダム」にラブコメを
無理やり入れてくるのはやめて欲しいですね・・・(*´・д・)


とりあえず今回の話までで分かったソレスタ輸送船の構成員のまとめ
------------------------------------------------------------------
ガンダムマイスター
・自分がガンダムだと言いながら機密事項を洩らしまくる電波
・テロを憎みながらも自らテロを起こしハロがいないと何も出来ないスナイパー
・殺人狂の人格を宿す精神不安定の強化人間
・自分の意にそぐわない物をすぐに一掃しようとするこれまた精神不安定のイカレ眼鏡

輸送船クルー
・何を考えてるか分からない頭のおかしい無能の自己中予報士
・何の覚悟もないままに組織に入り大事な局面で役に立たない無能オペレーター
・その場の空気に流される押しに弱い子供オペレーター
・たまに出てきたかと思えばいきなり凡ミスする操舵士?
・出番、セリフ共にほとんど無いが今のところ人間的に1番まともそうな操舵士?
------------------------------------------------------------------
といったところでしょうかw
確かに王留美が言うようにマイスターは「不完全」、というか「イカレた人」しかいないですね・・・
クルーもイカレてるけど・・・・

とりあえず来週はアレルヤがメインの話ですねw
来週はアレルヤがメインだ

電波の出番がどんどん減ってきてるのは良いことだと思いますw
あ、でもそうなるとアリーが出てこなくなっちゃうな・・・うーん微妙なところですねw

そんな訳で今回はかなり長くなりましたがこの辺で~(・∀・)ノシ

コメント:0 トラックバック:0

これからに備えて今の内に 予想出来た隠された力
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。