ゲームでもして、まったりしよう!R
今、ハマっているものを中心にゲーム、アニメ、キャラグッズ等々、自分の趣味の世界を書き殴る日記です。攻略などの日記はネタバレ全開ですのでご注意を!
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/02/28(木) 22:35 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
先に進むたびに苦痛になるアニメは久しぶり・・・
昨日の続きで20話目後半へ突入。

後半冒頭からユニオンの高軌道ステーションより出発する宇宙船が一隻。
乗っているのは松ちゃんとそのお付のリボンズの2人の模様。
どうやらヴェーダ本体が月にあるらしく、そこへ向かうとの事。
月のヴェーダの下へ向かう松ちゃん達
過去何世代前から、松ちゃんのコーナー家は以前より計画に介入するつもりだったらしく
本体を見つけたリボンズに「私のエンジェル」とキモイ事を・・・
最近リボンズがしゃべるたびに気持ち悪いと思ってきた・・・・
松ちゃんも昔のグラハムみたいなキモセリフを言うようになってきたし・・・

さて地球ではトリニティに対して何の指令も来なくなってきたとグチっていると
突然に王留美が来訪。
王留美、トリニティに接触
自分はソレスタとは関係ない、イオリア・シュヘンベルグの提唱する理念に従う者であると。
この言葉を聞いてアニキはそういう事かと1人納得。
何かあった時には援助を期待すると無事に帰します。

王留美はトリニティが世界変革を誘発したのだからソレスタと敵対してようが援助はする。
今の世界が嫌いだから壊れてしまっても構わないと・・・
なら自殺でもして世界から消えてなくなれ。
勝手な1人よがりで世界を壊されてたまるか・・・
トリニティが出てきてからいろんなキャラがイカレ始めてきました。
とりあえず、この女もまた嫌いになってきた・・・

王留美と別れた後、トリニティはラグナより指令を受け、
人革連への攻撃を実行する為に現地へ。
前回のソレスタガンダム達との戦闘の鬱憤があるから
基地を落とすついでに憂さ晴らしをすると共に攻撃開始。
人革連へ攻撃開始
人革側はティエレンで防衛するもどんどん落とされていきます。
こっちも攻撃開始
今回はアニキは傍観?なのかツヴァイとドライばかりが攻撃。
アニキの攻撃シーンは全くありません・・・

ある程度基地、MSを落としたところで一気に終わらせるという事でアニキはドッキングを指示。
ドッキングしようとしたところで前回同様にGN粒子を放出するビーム攻撃で奇襲され失敗。
またエクシアか!と身構える3機でしたが
今回の相手は人革に搬送された10機の
GNドライブ搭載の新型MSジンクスです。
新型MSジンクス飛来
ガンダムではないのにGNド粒子を放出しているという事もあり
トリニティの3人も、これにはビックリ。

どうやらラグナは世界各国にGNドライブを分配した事をトリニティには報告していなかった模様。
アニキはあれもソレスタなのかと勘違い状態に。





ジンクス隊を指揮しているのはセルゲイ中佐。
虎の子の10機の新型を大破させるなと念を押し全機に攻撃開始の指示。
一斉に反撃開始
機動性に驚くイカレ妹、そしてその性能に感動しながらスローネドライに襲い掛かる中佐。
トリニティの攻撃を全て回避しビームサーベルにて攻撃。
ガンダムなど恐れるに足らず!
その性能を身を持って実感した中佐は
「もはやガンダムなど恐れるに足らず!」とスローネドライをあっさり一蹴。
ドライの援護に向かおうとするツヴァイでしたが、
そこをソーマが「お前の相手は私だ!」と一気に攻めの姿勢。
「なめるな!」と得意のファングで応戦するも全弾あっさり回避・・・
ソーマも新型の性能を身を持って実感、
自分の反応速度に機体がついてくる、そして ソーマ大喜びでテンションアップ
「これがガンダムの力!!」と大喜びでテンションアップ。
今までやってきて初めて笑顔を見せた気がするw

テンションアップと同時に次々にライフル、バルカンでファングを撃墜。
ファングをあっさり撃墜
今回も分が悪いと判断したアニキは全機に撤退を指示。
ミハエルはその指示に渋るも、反論は聞かんとアニキが一蹴。
3機揃って中佐にやられたドライを庇いながら戦域を離脱。

その情報を宇宙で監視していたソレスタの連中は
人革が太陽炉搭載の新型MSでトリニティを撤退させた事を聞き驚きの表情。
これからはガンダム同士の戦いになると全員テンションダウン。
そんな中、王留美は世界が変わっていくその先には何があるのかしらと状況を楽しんでる模様。

月に到着した松ちゃん達はリボンズの力もあって、あっさりヴェーダを発見。
イオリア・シュヘンベルグそのもの
「これがヴェーダ・・・・
イオリア・シュヘンベルグ、
いやソレスタルビーイングの根幹をなすシステム!」

とこちらでもテンションアップ。

とここで20話目終了。

今回は3点ですかね。

とりあえず前回に書いたとおり自分が望んだ
「世界各国vsトリニティ」という構図にはなったものの
これは何か違うだろって感じです・・・・
どっちにしてもこれも前回に書いた事ですが
「パワーバランスがおかしいだろ!」
と今回も強く感じました。

出てきたばかりの新型MSジンクス相手に動揺したのもあるのかもしれませんが惨敗・・・
終いには逃げるように撤退・・・
今回、これを見てまたあの感覚が出てきました。
「やっぱりマイスターってガンダムの性能だけで戦ってるの?」
今回、GNドライブを搭載したMSにセルゲイ中佐、ソーマが乗って戦闘を行いましたが
ストフリ再来って感じで1発も被弾しませんでした・・・
とりあえずファングの強さは最初だけだったようです。
これからは時間稼ぎにしか使えない武器になるんでしょうね。
出したところであっさり撃墜されるしねw

グラハムはこれに乗ることを拒否しましたが、乗ってたらヤバかったですねw
グラハム1人勝ちになるところでしたw

とりあえず今の00を他の漫画などに例えるなら、
完全にドラゴンボール状態・・・
強い相手が出てきた→修行して更に強くなる→強さをあっさり抜かれる→修行して更に・・・・
の繰り返しを00で再現してる感じです。

とりあえず今のところの簡単な戦闘データとしては下記の通り。
ソレスタガンダム→
ザコ兵相手には鬼神の強さ、しかし名前パイロット登場で互角かそれ以下に成り下がる。
トリニティガンダム→
ザコ兵相手には鬼神の強さ、名前パイロットも旧式では歯が立たず。
新型搭乗で互角かそれ以下に成り下がる。

ソレスタvsトリニティ→
タイマンでは互角、ソレスタ側がフォーメーションした場合はソレスタ優勢。
4vs3になった場合はトリニティは完全に劣勢になるかとw

ユニオン→
グラハムは旧式カスタムしてエクシア、デュナメスと互角、
怒りのスーパーモード発動でスローネアインの腕切断するも吐血w
人革連→
ソーマは旧式カスタムでヴァーチェを圧倒、キュリオス相手にはアレルヤ発狂の為圧勝。
新型搭乗にてスローネツヴァイ相手に無傷でファング全弾撃墜。
セルゲイ中佐はMSでソレスタガンダムとタイマン勝負をしていないので未知数。
新型搭乗にてスローネドライ相手に無傷で圧勝。
AEU→
コーラは1話目で相対するもエクシアに瞬殺、続くヴァーチェ戦でも瞬殺。
フォーメーションでヴァーチェを一時的に捕縛、その後スローネアインに瞬殺。
傭兵?w→
アリーはコーラと同型機でエクシアを圧倒、再度戦闘では圧倒するも性能差で腕を切断される。
三度相対してMAで圧倒するもスローネドライの援護が入り撤退。


うーん、こうして見るとグラハム、ソーマ、セルゲイ中佐、アリーの4人はかなりの腕ですね。
パイロットとしての腕は確かなので今以上のMSさえ手に入れば負ける事は無いでしょうw
コーラは負け続きですが
メガネ女が上手くフォーメーションを組んでやればいけそうではありますねw
タイマンでは絶対に勝てないでしょうねw

そうなるとガンダムパイロット終わってるな・・・・(゚c_,゚`。)ップ
ちょっと強い相手出てくるとすぐにやられてるw
まぁ、GNアームズ出てきた途端にこの戦闘データは一気にひっくり返ると思いますw
しかもGNドライブ搭載MSに乗ってしまった事で
人革連は「ナドレ」に絶対に勝てなくなりましたw
アリーやAEUもこれから乗ってくるとなるとキビシイですね。
となるとやっぱりグラハムの独壇場ですねw

今後はグラハムの戦果に大いに期待です!(p≧∀≦q)〃

そんな訳でかなり長くなりましたが今回はこの辺で~(・∀・)ノシ

 

コメント:0 トラックバック:0

騎士ガンダム、アルガスの騎士団と共に最終決戦へ グラハム以外は、もうどうでもいい
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。