ゲームでもして、まったりしよう!R
今、ハマっているものを中心にゲーム、アニメ、キャラグッズ等々、自分の趣味の世界を書き殴る日記です。攻略などの日記はネタバレ全開ですのでご注意を!
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/10/14(火) 01:57 ガンダム00(1st)の批評と感想 【完】
今更ながらに、最終話の感想を書いてみる (中編)
さて前半パートの続きで後半パートに突入。

ビームをエクシアにぶち込み完全に勝利を確信して
お得意の高笑いモードに入った松ちゃんw
お得意の高笑いw
しかしその高笑いも長くは続かず、
急にビーム攻撃を受け咄嗟にGNフィールドで防ぐアルヴァロン。

エクシアが生きていた事に素で驚く松ちゃん。
どうやら直撃する寸前で?トランザムを発動させて残像を残すほどのスピードで回避した模様。
トランザムでビームを完全回避した模様
まぁ、爆発も何も起きてないのだから早々に勝ちを確信した松ちゃんも油断しすぎって感じ・・・・

電波は世界の歪みを見つけたとアルヴァロン目掛けて攻撃再開。
しかし、例の無敵フィールドのおかげでダメージはおろかかすり傷一つ与えられない状態に。
相変わらずの無敵フィールド・・・
さすがにGNフィールドの存在がウザったくなったのか苛立つ電波。

ここでいきなりの回想シーンに突入。
明らかに後付け設定だろ?それ・・・
電波とロックオン、エクシアを前に2人きりでの会話。
その内容とはQ:なぜエクシアに実体剣が装備されているか?というもの。
A:GNフィールドに対抗する為。
元々のイオリアの計画なのか、よく分かりませんがどうやら対ガンダム戦も入ってるらしく
その時には電波のエクシアが切り札になるとの事・・・・
( ゜Д゜)ハァ?
明らかに後付け設定だろ?それ・・・

ぶっちゃけこの話をいつしていたの?って感じ。
まぁ、いつの話にしてもロックオンから教えてもらってる時点で
松ちゃんと戦う前からGNフィールドを破る術を知ってた
という話になります。
じゃあなんでアルバトーレ戦で全く使わなかったの?
その時点で使ってればラッセのGNアームズがやられる事もなかったと思う。

こいつ今の今まで忘れてたのか?
もしそうなら完全に無能だな・・・
ガンダムのパイロットなんてやめろって感じ。


そんな訳で一気に実体剣でアルヴァロンのGNフィールドを破りにかかる電波。
GNフィールドを破るエクシア
これまで無敵だったフィールドをいとも簡単に破っていきます。

更に黒ヒゲ危機一髪をやるかの如く
実体剣、ビームサーベルをサクサクとどんどん刺していくエクシア。
その間にアルヴァロンは完全に無抵抗のままにやられていく姿はただのアホですね。

そして一通り刺し終わった電波は「俺が!!」と叫びつつ最後に一刀両断に。
アルヴァロンへのトドメの一撃
そして例のセリフを言うかと思いきやわざわざ言い直して

俺達がガンダムだ!!
「俺達がガンダムだ!!」と決めゼリフ・・・・

全然カッコよくないし、相変わらず意味不明だし・・・・

そして相変わらずのパワーバランス崩壊の戦闘で完全に決着・・・・


エクシアにやられたアルヴァロンのコクピット内では傷ついた松ちゃんに向けて
付き人をしていたリボンズから通信が。
真の「黒幕」登場
どうやらイオリアの計画を自分の物にしたと思っていた松ちゃんだったが
自分の物だと思っていた計画は最初からリボンズの計画だったという事を告げられる。

リボンズに向け憎悪を剥き出しにする松ちゃんだったがそのままアルヴァロンが爆散。

同時にエクシアのトランザムが終了。
アルバトーレ、アルヴァロンの2連戦で電波も疲れきっていたが
エクシア内で敵機の接近を促す警報が鳴り響く。

エクシアに接近する機体の正体は魔改造されたグラハムのフラッグカスタム。
ここに来てGNフラッグ登場・・・
今まで音沙汰がなかったにも関わらず、ここに来てグラハム登場。
エクシアを見つけたグラハムは会いたかったと狂喜乱舞。

しっかりとスローネアインから奪い取ったビームサーベルを
Wのガンダムエピオンのようにチューブの様な物でGNドライブに繋げて装備。
戦闘態勢に入ったエクシアと剣と剣で切り結ぶとお互いにあの時のやつかと認識。
運命の赤い糸・・・・
グラハムの方は電波に会えた事で興奮し
「やはり私と君は運命の赤い糸で結ばれていたようだ。」
と変態発言が復活・・・・
テンションMAXで攻撃を繰り出すグラハムに押され、左腕を切断されるエクシア。

そして何を思ったのか急に何かを理解したと言い出す。
理解した事、それは・・・
結局、最後には元の変態に成り下がったか・・・
「君の圧倒的性能に私は心を奪われた!
この気持ち、まさしく愛だ!!!」

少し前のカッコいいグラハムは幻想だったみたいです・・・・orz
結局こいつは元の変態に成り下がったようですね・・・・

更に言い合いをしながら戦っていくエクシアとGNフラッグ。
GNフラッグの左腕を切断するも、すぐさまエクシアの頭部をちぎり飛ばし
「貴様は歪んでいる!」言われながら同じく首を切断されるGNフラッグ。
ぶっちゃけ、どっちも歪んでるよ・・・
てか、もうどっちも歪んでると思うけどね・・・

グラハムは世界の為ではなく己の意思でガンダムを倒すと宣言。
それに対し電波はお前も世界の一部だろう!と反発。
しかしグラハムは「ならばそれが世界の声だ!」と。
これに対し電波は
「違う、貴様は自分のエゴを押し通してるだけだ!!」
って言ってるけど自分の事を棚に上げて何言ってるの?
こいつも充分にエゴを押し付けてきたと思うけどね。

「貴様のその歪み、この俺が断ち切る!!」
相撃ちで完全に決着・・・
「よく言った!!ガンダム!!!」

最後にはお互いの剣が刺さりグラハムはオーバーフラッグス隊の仇は討ったぞと呟くも
両機共に爆散して決着。


結構短時間であっという間に戦闘が終了してしまってなんだかなという感じ・・・
これだったら第1期では間に合わなかったという事で出てこなく良かったかなと・・・

ぶっちゃけ冷静にこの戦闘見るとグラハム弱くなったんじゃね?と思えます。
2連戦をこなし疲れきった電波、しかもトランザム使用後で疲弊していたエクシア。
そんな状態のやつと互角の勝負をして
しかも相討ちって明らかにパイロットとして腕が落ちたとしか思えん。

とりあえずストーリー追跡はもう少し続きます。
全体感想を本当は書くつもりだったのですが思った以上に長くなってしまったので
次できっちり終わらせる事にします。

そんな訳で今回はこの辺で~(・∀・)ノシ 


コメント:0 トラックバック:0

今更ながらに、最終話の感想を書いてみる (後編) 今更ながらに、最終話の感想を書いてみる (前編)
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。